fbpx

人間関係って難しい!?


この記事は約2分で読めます。

アルバイトの子が失敗すると、
その場でお客さんの目の前だったとしても直ぐに叱る(教える)ようにしてます。
お客さんにとっては、そんな様子を見て気分悪くするのは大変に申し訳ありませんと痛感しています。
・・・ごめんなさい。

なぜかって、それは時間が経つと忘れてしまうからです。
誰がって私が忘れてしまうんです(笑)

誰でも失敗はします。
しかし、プロ意識として失敗は絶対に許されないのです。
でも、一度だけの失敗は大目に見て下さい。
しかし、同じ失敗は絶対に許しません!
だって、お金を貰っているって事はプロなんですからね。
人間の本質は、3.000年前から変わっていないと何かで聞いた覚えがあります。
喜怒哀楽の感情や旨い不味いの味覚は、万国共通だと思います。

私は、常に誰とでも相手と本音で接しています。
人間って、
褒められて嬉しい時は喜ぶし、怒る時は怒るし、悲しい時はし泣くしで、
それは、日本人でも中国人でも同じで、変わらぬ人間なんだなーって思います。
これは、スタッフに限らず、友人関係、職場関係、恋人関係、夫婦関係、など人間関係の全てに当てはまります。

アメとムチではないですが、叱る時には遠慮せずに叱りますが、褒める時には大いに褒めまくってます。

そして、お互いが分かち合いお互いの絆が強くなっていくのかもしれません。
私が酒を飲んでたり好き勝手な事を言ったりするので、
お客さんからは、どっちが客だか分からない!と言われてしまう時もありますが、あくまでも相互の信頼関係が築かれた後ならば全く問題なし!って思っています。
・・・人間関係は決して難しくありません。

褒めて褒めまくって、たまに叱って怒って、褒めまくり、
それで駄目なら縁が無かったと思って、潔くグッドバイでいいと思います。
少なくとも私は、これからもお客さんとは、本音でお付き合いしていきます。
互いに求めるのではなく、
まずは、自分が喜ぶ事を相手にしてあげてみればどうでしょうか。

私は酒が好きですから、酒呑みの立場に成れます。
マニュアル通りの気持ちの通じ合えないありきたりでロボットみたいな接客付き合いはしたくありません。

※痒いところに手が届く孫の手みたいな接客(人間関係)って素敵だなって思います。

それでは今日も旨いもので幸せな気分をGood Luck

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました