fbpx

行楽の季節ですがカセットコンロの爆発に注意


この記事は約2分で読めます。

毎年、どこかでカセットコンロに使用するガスボンベが爆発する事故が発生し、ケガ人が出ます。

家庭でも野外でも何処でも手軽に使用できて便利なカセットコンロですが、使い方を間違えると事故の元です。

しかし、カセットコンロが危険なのでなく、自動車や自転車など何であっても道具は、正しく使えば安全です。

 

そこで、カセットコンロに付属する取扱説明書に必ず記載されている「警告」をアップします。

※木炭や練炭の火おこしに使用しない!

※コンロを2台以上ならべて使用しない!(これが一番危険!!)

 

※ガスボンベを覆う大きな鉄板や鍋は使用しない!

※砂浜など日光でガスボンベが加熱する場所で使用しない!

※五徳(鍋を置く台)を逆に使用しない!

以上を守り、換気も忘れず使用すれば、イベントにアウトドアや災害時にも活躍し便利で、安全なカセットコンロなのです。

 

今のカセットコンロは、メーカー品なら安全装置が有り、ガスボンベの異常な過熱による圧力で爆発する前に火が消えてしまいます。

 

一番危険なのは2台を並べることです!

1台目のガスボンベが加熱されて火が消えても、2台目のカセットコンロは点火し続けるので、せっかく消えた1台目のガスボンベを加熱し続けて、最後には爆発します!

また、年に数度のイベントなどで頻繁に使用しなくても製造から10年経過すると、ガスボンベをくわえるゴムのパッキンが劣化し、ガス漏れが発生して引火しますから、カセットコンロ本体の裏に記載ある製造年を確認し、使用して無くても10年を過ぎていたら買い換える必要があります!

 

それでは今日も旨いもので幸せな気分を Good luck!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました