賞味期限と消費期限の違いって

この記事は約3分で読めます。


先日、スタッフの若い子の一人に賞味期限を過ぎたら捨てなければダメなんですよね!?
って、聞かれたので呆れてしまいました。(他の子は分かってましたけど)
そんな事してたら、もったいないし、メーカーが喜ぶだけです。(笑)

それでお客さん3人へ、賞味期限と消費期限の違いって分かりますか?ってお聞きしたら食通だからか3人とも分かってました。1人のお客さんからはバカにしてるの?なんて言われてしまいましたネ。m(_ _;)m

 

消費期限ならば過ぎたら廃棄する必要はありますが、賞味期限ってのは、あくまでも味の変化に対する目安であって賞味期限内だから安心とか過ぎたら危険とか賞味期限を信じると逆に大変な事になると思います。
賞味期限内であっても捨てる場合もあり得るし、期限外でも問題ない場合も多いに有り得ます!!
アイスやタバコやチョコレートそれに瓶ビールまでにも意味不明っていうか無意味に賞味期限の記載が有ります。

重要なのは保存状態であってモノにもよりますが、例えば、ジュースには10度以下で要冷蔵となっています。
なん℃で保存しているかで食品の品質は大きく変わりますので、冷蔵庫内の温度が10度以上だと賞味期限内であっても劣化し危険な場合もありますし、10度以下だったら賞味期限を過ぎていても問題ない場合もあります。
要は、賞味期限内だから大丈夫とか過ぎてるから廃棄しなければならないとの考えは間違いなんですよね。
ちなみに、ホルモン丸和の冷蔵温度は5℃に設定しています。

 

賞味期限記載の不要論も国会で実際に出てますが、最終的には、自身の視覚と臭覚と味覚で判断すれば良い事なんです。
私は、賞味期限の記載なんかは味覚障害な方のために有るんだと思っていますよ。
農林水産省でも賞味期限切れだから食べられなくなるわけではないと告知されていますね。
賞味期限は、かなり短く設定されていますので、期限切れだからと安易に捨てるのは、もったいないし、メーカーが喜ぶだけだと思います!

とっくに辞めてしまったつけ麺ですが、けっこう評判で今でも止めたことを知らずにお客さんが来てくれて申し訳なく感じます。
そのつけ麺のスープは当然に賞味期限の記載なんか有りません。
毎日、火入れをし追加してたので劣化することは考えられないですけどね。しかし、それでも夏場は気温や湿度の関係だと思いますが、たった一日で腐ってしまった時が有ったのです。それに気づいて全部捨て、あわてて新しく作りなおしました。(汗

 

賞味期限が有っても無くても関係なく、私の全責任のもとで、決して油断せず安心せずに毎日、自分の野獣的wな視覚と臭覚と味覚でチェックしてたから気付けたのです。
なお、食中毒は夏場に流行りますが、今の冬の時期はノロウィルスが流行ります。
それは、インフルエンザと同じくノロはウィルスだからで寒く乾燥した時期に流行るのですが、ノロウィルスは菌と違ってアルコールでは死滅しませんのでご注意下さい。詳しくはこちらを・・・

PS
更に言えば、お醤油にも賞味期限の記載がありますが、醤油ベースのホルモン丸和の秘伝タレは何年も継ぎ足してますので、とっくの昔に期限切れですね。(笑
うまいもん認定マークは、飲食店の衛生面と安全性の厳しい基準(保健所以上に細かい基準)をクリアした店舗にだけ発行しているものです。

 

皆様いつも有難うございます感謝です。
それでは今日も旨いもので幸せな気分をGood Luck.

 

上福岡ホルモン焼き肉

この記事をシェアする
ネットの帝王こと長澤正信をフォローする
上福岡飲食店ホルモン丸和の店主ブログ「長澤正信」の一言二言、余計な独り言!

コメント